シンプル・ハウスワイフのRANDOM SHOT


カテゴリ:粟野( 38 )

5.12.2009 光のシャワー






e0009147_2141320.jpg





光があふれ出した時は、被写体がどうであれ、とりあえず撮ってみるぅ・・・
by suikan8 | 2009-12-05 21:42 | 粟野 | Trackback

5.12.2009 白い犬





e0009147_16362613.jpg




車の中から撮影。


犬を飼うとしたら、やっぱり、雑種で素朴なこんな表情の犬がいい。



忠実さが顔に にじみ出ていた。
by suikan8 | 2009-12-05 16:38 | 粟野 | Trackback

5.12.2009 橋の向こう







e0009147_12553628.jpg

by suikan8 | 2009-12-05 12:56 | 粟野 | Trackback

4.12.2009 うす明かり




モノトーンになってきた山に、かすかに残っているモミジの朱色が光を浴びて、うす明かりのように見える。



e0009147_2292491.jpg

by suikan8 | 2009-12-04 22:09 | 粟野 | Trackback

4.12。2009 電信柱の影





電信柱も、粟野の田園で見ると、なぜか哀愁がある・・・・なぞと勝手に思い込んで撮ってしまう。






e0009147_179565.jpg

by suikan8 | 2009-12-04 17:09 | 粟野 | Trackback

4.12.2009 竹林





竹林に入る夕方の光。



このあと、ぶら下がっているモミジを撮ろうと タムロン90mmに替えている間に、光は消えてしまった。






e0009147_8155531.jpg

by suikan8 | 2009-12-04 08:18 | 粟野 | Trackback

3.12.2009 逆光の晩秋風景





昨日・午後・粟野





e0009147_17211915.jpg




ちょっとだけと思いながら粟野へ出掛けた。


ちょっとだけと思ったのに、しばらくぶりで見た晩秋の風景が、私を引き止める。




今日の雨で、あの場所も、この場所も、すっかり様変わりしてしまったのだろうな。



**


今日は、ネコのように静かに炬燵で、借りてきたミニシアター系の映画を見た。 ”そして私達は愛に帰る”
(ドイツ・トルコ映画 ファテイ・アトキン監督作品)
by suikan8 | 2009-12-03 17:41 | 粟野 | Trackback

3.12.2009 も・み・じ






e0009147_10395097.jpg

by suikan8 | 2009-12-03 10:40 | 粟野 | Trackback

30.10.2009 無題







e0009147_18353137.jpg





こんなものを美しいと思う瞬間がある。


それは、たぶん、その時の光や影の関係からだと思う。


花は全て、そこにあるだけで、美しいのだろうか。 撮りたいと思うのだろうか。 いえ、たぶん、心惹かれる花、撮りたいと思う花は、周りの状況、おかれた環境によるのだと思う。


素材とは、面白いものだ。 それを、撮りたいと思う時、それは、光や影の関係もあるけど、その時の撮影しているその人の心の状況にも、深く関係しているのだと思う。


写真の素材って、結局、なんでもいいのだと思う。 美しいものは、そこらじゅうにある。



その人が、その時に撮りたいと思ったもの、、、それを、ただ撮ればいいのだと思う。
by suikan8 | 2009-10-30 18:45 | 粟野 | Trackback

28.10.2009 夕暮れ時







e0009147_19554083.jpg

by suikan8 | 2009-10-28 19:54 | 粟野 | Trackback | Comments(4)