シンプル・ハウスワイフのRANDOM SHOT


カテゴリ:粟野( 38 )

October 7, 2012 彼岸花とアザミの花   






e0009147_18454935.jpg






@粟野・鹿沼市・栃木県・GRD4・ビビット・切り取り・彼岸花・あざみ・畦
by suikan8 | 2012-10-07 18:47 | 粟野 | Trackback | Comments(0)

October 7, 2012 コスモスと小屋と山並と






e0009147_863120.jpg







@粟野・鹿沼市・栃木県・GRD4・ビビット・山里・秋・斜光
by suikan8 | 2012-10-07 08:09 | 粟野 | Trackback | Comments(6)

October 6, 2012 彼岸花






e0009147_8365455.jpg






昨日・@常楽寺・彼岸花・GRD4・ビビット








取り込んでみたら、なぁんにも考えず、ただ上から撮った一枚があった。



なんだか、あれこれ考えながら撮ったものより、好きな一枚になった。





彼岸花は、秋の野の花火・・
by suikan8 | 2012-10-06 08:43 | 粟野 | Trackback | Comments(2)

October 5, 2012 あぜ道








e0009147_20114166.jpg





@粟野・今日の午後・GRD4・ビビット・彼岸花・山並・斜光・秋








彼岸花が気になって、午後2時過ぎに車をとばして粟野へ出掛ける。




常楽寺の彼岸花を撮りに出掛けたのに、結局はあぜ道に咲いている彼岸花が好きだなぁ~




撮影より、秋の田園の空気を吸いにいって満足であった。
by suikan8 | 2012-10-05 20:17 | 粟野 | Trackback | Comments(2)

11.1.2010 竹の緑






e0009147_18325679.jpg



2008年1月撮影・@粟野・冬日・ゴースト




周りの木々は枯れ色なのに、竹だけは、緑色で、凛としているこの季節。



その、しなやかさと強さは、美しい。



天気の良い日、竹林を見に粟野へ出掛けてみよう・・
by suikan8 | 2010-01-11 19:07 | 粟野 | Trackback

8.1.2010 蝋梅






e0009147_1332882.jpg




2007年撮影@粟野



ここのところ、すっかり撮影の気力が失せている (汗)


そんな時は、のんびりと、あせらず、時がくるのを待つことにしよう。



カメラは、いつでも待っていてくれるから、。  辛抱強い恋人のように、、、、ww。



冬眠も、春のためには必要ってこと。



当分、過去写真を引っ張り出すことになるかもしれない。
by suikan8 | 2010-01-08 13:42 | 粟野 | Trackback | Comments(2)

7.1.2010 冬の粟野






e0009147_21271232.jpg




2007年2月撮影@粟野



上の写真、ブログにアップしたのか、しなかったのか、、すっかり忘れている。



こんな風にススキが風にたなびき、川底が緑色に澄んで、冬の枯れ美を感じさせてくれた日は、もう3年も前になってしまった。
by suikan8 | 2010-01-07 21:39 | 粟野 | Trackback

16.12.2009 生垣の花




粟野・12月2日・冬日・CANON IXY 900IS




e0009147_19263829.jpg










e0009147_19265448.jpg










e0009147_1927988.jpg






生垣に咲いた寒椿?の柔らかいピンク色が、住んでいる人のぬくもりと重なる。


**



今日も、撮影はせず、、。 


若い人むけ?のこじゃれた美容院で、若いオーナーに髪をカットしてもらった。


どんな美容院を選ぶかも、、ちょっとした冒険になっている。
by suikan8 | 2009-12-16 19:32 | 粟野 | Trackback

8.12.2009 18mmの視界




12月2日・粟野・晴天・CANON IXY900IS




e0009147_1633468.jpg










e0009147_1635354.jpg




ところで、上の写真とは全く関係のない話だけれど、



以前、風景を扱った写真雑誌の中で、素晴らしく美しい落葉の写真を見たことがある。 秋の日の朝、紅葉した落ち葉を撮ったものだった。
雑誌を広げて、しばし、その写真に見とれてしまった。 たしか大賞かなにかを取っている写真だった。


それがCANON IXYで撮られていることに気がついて、もっと、驚いた。

コンパクトカメラでも、こんな美しい写真が撮れるのだと、、。  その写真家は、たまたま散歩の途中で見つけた落葉を撮ったと書いてあったけれど、かなりカメラについては精通している人のようだった。

その写真を見れば、それは一目瞭然・・

結局、いまさらだけれど、

写真はカメラを選ばず、、、だけれど、カメラについて何も知らなければ、いい写真は撮れない・・・ということに行き着くのだ。 




一生懸命?(ちょっと、うそ)、コンパクトデジカメのマニュアルモードで撮っているわたし。 (あせ)
by suikan8 | 2009-12-08 16:04 | 粟野 | Trackback

6.12.2009 落葉の道





e0009147_16165851.jpg




2日の日、晴天の日の粟野行きの光景が忘れられなくて、お馬鹿な私は、4日にも、その光景を期待してまた出掛けてしまった。


その日は生憎のお天気。 太陽も粟野へたどり着くうちに、すっかり隠れてしまった。

おまけに雨がちらほら・・・


モノトーンで晩秋のさびしい風景が続く。  途中で通りがかりの年配の女性と、ちょっとおしゃべり。 廃屋が目立つので、このあたりの粟野の様子を聞くと、若い人がいなくなって、お年寄りばかり。 女性の住んでいるあたりの小学校には、生徒数が10人とか、、。 その子供達が卒業したら、その後に続く子がいないと、、。


あと10年後を憂いていた。


そんな話を聞いていたら、そばの廃屋のカーテン越に、にょっきりと猫が顔を出したらしい。
女性が、それを見て微笑んでいた。  残念ながら、私は見ることができなかったのだけれど。


誰も住んでいない家に、住むのは猫。


モノトーンになって暮れていく町を後にして、私は複雑な気持になった。


あと10年後のこの場所を想像して、そして、ただ美しいだけではないこの粟野の現在の状況を考えて、、。
by suikan8 | 2009-12-06 16:43 | 粟野 | Trackback