シンプル・ハウスワイフのRANDOM SHOT


カテゴリ:日記(diary)( 65 )

2.4.2006 浜離宮にて

用事があって 東京へでかけたついでに、浜離宮に立ち寄る。

一時間ほどお散歩スナップ。



e0009147_21221899.jpg







e0009147_21223282.jpg







e0009147_21225882.jpg






e0009147_21231029.jpg





夕方、かなり強い雨、、。 この雨で、ソメイヨシノも だいぶ花びらを落としたのかも、、しれない。
by suikan8 | 2006-04-02 21:26 | 日記(diary) | Trackback | Comments(6)

11.3.2006 春爛漫近し。


庭には、いよいよ蝶の姿も見かけるようになった。


お天気も最高。 洗濯機はフル回転。 シーツなどの大物も洗濯。

明日から娘が帰ってくるので、布団を干したり、掃除をしたり。


庭で芽を出し始めた水仙やらヒヤシンスの様子をながめたり、鉢植えの花に水遣り、花がら摘み。

やることは際限がない。

今日は、結局 家にいて そんなこんなで 日が暮れてしまった。


夫は 一泊2日で会社の有志とスキーへ。 よっぽどスキーが好きみたい。
今頃は、羽をのばしているんだろうなぁ~。 (って わたしもだけど。)



今日の被写体は 鉢植えのローズマリー。

このローズマリーを見ると サイモンとガーファンクルの曲、”スカボロ・フェア”を思い出す。

冬の間、外に出しっぱなしで、しかもずっと淡い紫色の花を咲かせていた。 ハーブ類はかなり強そうだ。


原産地は地中海。 地中海沿岸にいっぱいに広がって咲いているローズマリーを想像した。
大きく育ててリースでも作ってみようかな~などと思っている。 花言葉は”記憶””変わらぬ愛”






e0009147_2053157.jpg






e0009147_20534988.jpg






e0009147_2055989.jpg

by suikan8 | 2006-03-11 20:58 | 日記(diary) | Trackback | Comments(8)

10.3.2006 名作たる所以

ドストエフスキーの”カラマーゾフの兄弟”、、高校1年生か、2年生の時に確か、、読み始めて、たぶん途中で挫折している、、、、。

なぜなら、その内容がほとんど記憶にないのだ。

そして、この本のことが、ずっと気になっていた。 たぶん 登場人物の長たらしいロシア語の名前だけでも覚えるのに大変だったのかもしれないし、内容も重々しい。
お気楽な恋愛小説を読んでいた方が楽しかった。


そして今、ずっと時がたって、再び読み始めた。 その内容に吸い込まれていく。

わずかな記憶が甦って、高校生だった頃、その頃の私には難解だった、ロシアの宗教に関する話など、、ここでつまづいたのかな、、などど思いながら読み進んでいく。 


あの頃は、読まなくちゃ などというちょっと、脅迫観念のようになって 読もうとしてた名作。


それが今、本当に 名作たる所以 ということを実感できるようになった。


遅まきながら、本物がわかる年になったのね。


う~ん、年を重ねるってことは、悪くないな~。 





在庫から、さざんか。


e0009147_2143877.jpg





e0009147_215025.jpg







 
by suikan8 | 2006-03-10 21:09 | 日記(diary) | Trackback | Comments(8)

7.3.2006 こだわり

朝から、とりあえず、洗い物、洗濯をしてから、読書。

仕事やめたら、ゆっくり読もうと思っていた本が、何冊かある。
 
途中で挫折した本、古本屋で見つけてそのままになっている本。
読まなくちゃいけないみたいな本もある。 死ぬまでに読んでおきたい本。

とにかく目が悪くなって、老眼鏡のお世話にならないと読めなくなってしまった今日この頃。
だから、なおさら、こだわっている読書なのだ。 だって、これ以上目が悪くなってしまったら、本当に読む気力も集中力もなくなってしまいそうなのだ。。


読書がすっごく好きというわけではないのに、それに、こだわっている私。

本当に好きだったら、仕事している時だって読めたはずだもんね。 ちょっと矛盾しているんだけど。


読書は、わたしの中で ひとつの ひっかかりだ。




午後になって、車で少しドライブ。 


e0009147_20552942.jpg

野焼きのあと。 もう少しでこの畦にも つくしんぼが顔を出す。





e0009147_2056245.jpg

農家の物置小屋。

中里和人という写真家が こういう小屋ばかりの写真集をだしているのを見つけた。
タイトルは、”小屋の肖像”、、。 この写真集を図書館で見つけた時、わぁ~と叫んでいた。 





e0009147_216441.jpg

釜川。 春になったら、ここにも葦がはえて来る。





e0009147_2182333.jpg

曇り空から、少しだけ日が差してきた。
細い道で、車を止めて撮影していたら、後ろから、ダンプのクラクションが、、(^^;)





e0009147_21101533.jpg

今年初撮りの梅。
by suikan8 | 2006-03-07 21:16 | 日記(diary) | Trackback | Comments(13)

2.20.2006 新しいページ


7年5ヶ月、 9時から13時まで濃密な4時間を過ごしてきた職場をあとにした。

パートとはいえ、社員並みの仕事と責任。

この おっちょこちょいでそそっかしい私が よくもまぁ 無事にここまで続いたもんだなぁ~と、我ながら感心。

ある意味、本当にお金を稼ぐことの大変さを味わった7年間だった。


だって、若い頃は、大きな会社で、夜9時過ぎには、女子社員には、タクシー券などが配布されるような会社に勤務していて、本当に特別待遇されていたんだから。 そして、仕事だってそれほど、大変ではなかった。 


時代は代わって、今や、そんな会社は日本のどこにも存在しなくなった。
女子だからといってそんな特別待遇もない。 まさに、全てにおいて、男女平等。



我娘は、東京で就職が決まって、4月からは社会人。
さぞかし大変だろうなぁ~と想像する。


娘よ、頑張って。


社会の荒波に立ち向かうのではなくて、上手に、ゆらゆらと泳いでいって欲しい。


そして、お金よりも大切なものが沢山あるってことも 忘れずに、、。




e0009147_20581962.jpg

今日頂いた花カゴ。





さぁ~てと、母は、人生の第何章目のページをめくることになるのだろう。


とにかく、明日から、新しいページに進むことになる。



バンザ~ィ ♪
by suikan8 | 2006-02-20 21:06 | 日記(diary) | Trackback | Comments(12)

18.1.2006 ランチとおでん

仕事帰りに、久しぶりにランチを食べに、、。

その同僚とランチを食べたのは、何と4ヶ月ぶり位、、、。


その同僚にはまっすぐに帰らなければならない理由があった。

その理由を今日知った。 人生いろいろあるんだよね、、でも、、山を越えた、彼女の顔は明るくなって、ちょっとほっとした。

皆、口には出さねど、色々あら~な、、。 久しぶりにおしゃべりして、外に出ると、なんとなく外の空気が 店に入る時より 緩んでいるような気がした。

少しづつ、少しづつ、近づいているのよね、、春の足音も。



わたしは、そのあしで、おでんダネを買いに、、。
一人暮らしの姑に、久しぶりに おでんでも送ろうかと、、。 (って書くと、ものすごくいい嫁のように思われるか、、、とんでもないんだけど。)

この深夜、我が家はおでんのにおいで ぷんぷん である。
それにしても ちょっと 作りすぎじゃないの。




買い物帰りの園芸店で ちょっと失敬して撮った一枚。



e0009147_21504549.jpg



わたしのスランプは当分続きそうだ。
by suikan8 | 2006-01-18 21:53 | 日記(diary) | Trackback | Comments(4)

30.11.2005 



朝から、洗濯 布団干し、新鮮野菜を買うために朝市に出掛け、午後から2時間のウォーキングwithカメラと、、、目いっぱいの一日。

最近 車での撮影が多くなり、健康のためのウォーキングの時間がぐっと減ってしまった。
これでは、いけないと、今日は、カメラを持って 出掛けたものの、立ち止まることが多い。

それでも、寄り道しながら、4キロは歩いたかな~。

途中色々な被写体を発見。


そのたびに足をとめて撮るのでエクササイスにはならないけれど、まあ、歩かないよりましかなと思う。




e0009147_2195216.jpg

蜘蛛の巣の絡んだ夏椿の実





e0009147_21143777.jpg

虫食いの葉。 この色が素敵。
by suikan8 | 2005-11-30 21:10 | 日記(diary) | Trackback | Comments(4)

29.10.2005 粟野町 2



昨日に引き続き、粟野町からの風景写真を。






e0009147_14382571.jpg







e0009147_14384974.jpg







e0009147_14391563.jpg






帰りがけ 写真を撮っていると、散歩していた87歳のお年寄りに出会った。
しばらくおしゃべりする。

ここで生まれて、育ち、この土地で農業を営んでいたそうだ。

いいところですねえ~。 という私に、もう少し日が暮れると 今 霞んでいる あの山がくっきりするんだけれど、、と、彼方に広がる山波を指差した。


さよならした後、車を運転しながら、87年間の人生を想像してみた。


今頃、あの山に囲まれた町で 何をしているんだろう。
by suikan8 | 2005-10-29 14:52 | 日記(diary) | Trackback | Comments(14)

14.10.2005 引き続き晴天

昨日に続いて素晴らしい秋の晴天。

仕事帰りに撮った写真3枚。






e0009147_2129124.jpg






e0009147_21291774.jpg





e0009147_21293821.jpg

by suikan8 | 2005-10-14 21:30 | 日記(diary) | Trackback | Comments(4)

6.10.2005

月初めということもあって、仕事は、忙しい。
けれども、仕事が順調に運んで、皆と楽しくリズムに乗って仕事が出来れば、最高だ。

仕事をしていて、良かったな~と思う瞬間だ。

そして、一生懸命仕事をした後の充実感と緊張感のほぐれは何ともいえない。
(って、特別な仕事をしている訳ではない)

何といってもボケ予防なのだ。 そして、規律正しい(?)生活には、欠かせないのだ。
わたしが、又、主婦だけの生活に戻ったら、たいへんだア~~。 お金だけが出て行っちゃう。

こうして、パート歴8年目に突入したのであった。 思えばあっという間だった、、、、、。
山あり谷あり、、地獄あり、、

そして、イチオウ仕事も順調に覚え、おっちょこちょいも少しは、目立たなくなった、、、。


電卓も使えるようになった。 ブラインドタッチではないけれど、、。 計算も少しは、速くなった。

という訳で、何事もpositive thinkingで、これからも、いってみよう。



帰り道、いつものコースで帰宅。 
同じ場所で、似たような写真になってしまった。 



e0009147_16143056.jpg

白いコスモスと白い雲。
コスモスをすっごく素敵に撮るのは、どうしたらいいだろう、、、しかも群生で撮りたい。



e0009147_16155587.jpg

美術館への道の途中で、、
農家の人が野焚きをしていた。




e0009147_18141154.jpg

いつもの場所でいつもの構図。
木の葉の色だけが変わっていた。





e0009147_1627217.jpg

道路脇で、”るこうそう”



晴天は今日だけとか、今週末は下り坂、、、。
by suikan8 | 2005-10-06 16:20 | 日記(diary) | Trackback | Comments(10)