シンプル・ハウスワイフのRANDOM SHOT


December 8, 2013 淡雪の輝く鉄路




e0009147_16374163.jpg





ローカル線の旅・会津線・塔のへつり駅へ続く晩秋の鉄路・光・GRD4
コンパクトカメラでとこまで表現できるか・シャッターチャンスを逃さない







先月出掛けた旅の中で、被写体としては一番印象的だったのが↑のシーン。


会津線に乗っての帰路、、電車の進行方向から素晴らしい色と光が眼に飛び込んできたのだ。


思わず立ち上がって運転席横の窓辺に駆け寄り、ムチュウで写真を撮った。

昨日の残雪が鉄路に残り、終わりかけの紅葉と見事なコラボレーション。  列車の窓は、外気の寒さで水滴が白いベールをつけたように見える。


午後 2時40分・・ 太陽の光が抜群のタイミングで射していた。
しかも塔のへつり駅へ入っていく鉄路は、、素晴らしいカーブなのだ。

写真を撮りながら、ちょっと思い出した。 このシーン、以前写真雑誌でみたような、、。

その写真は、こんなへっぽこ写真ではなく、素晴らしいものだった。  

もちろん、構図も角度も全く違う表現。



そして、その写真家も、そのシーンとの出会いを偶然の賜物、、、と書いてあったような、、、




その素晴らしい写真の記憶は、もっと上手く撮りたかったと思ったワタシの錯覚なのか、どうか、、はっきりしない。
by suikan8 | 2013-12-08 17:03 | 旅で | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://suikan8.exblog.jp/tb/21426793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by バジリコ at 2013-12-12 09:37 x
いつか会津線に乗って旅をしたくなるようなショットです。
そのときのすいかさんの感動が伝わってきました。
Commented by suikan8 at 2013-12-12 19:40
バジリコさん、たまには列車での旅もいいものですね^^
車ばかりだと、助手席で居眠りしていつのまにか目的地に着く、、なんてことになりますが、列車だと適度な緊張感があります^^
なにしろ単線っていうのが良かったです!