シンプル・ハウスワイフのRANDOM SHOT


January 2, 2012 羽目をはずしましょ





e0009147_19482941.jpg







さて、さて、今日から本格的に写真生活を始めましょ、、、、と、朝からカメラをぶら下げて早朝散歩。




今年は、張り切ります。  老親の世話をするようになると、自分の将来も不確かで、曖昧なものであると実感します。





そして、その老親が教えてくれることがたくさんあるのです。




当たり前のように歩くことができることの 幸せ。



当たり前のように食べることの 幸せ。



当たり前のように話ができることの 幸せ。




そうして、こうして当たり前のように撮ることのできる 幸せ。




自己表現のできる 幸せ。





think differenceと有名な方が言いましたが、 そうです、take difference と言いたいのです。



ちなみに↑の写真は、蛍光灯の発色です。




オバサンは、今年は、羽目をはずします。 ^^b


せめて、写真の世界では。 



(って、威勢よく言ったけど、できるかなぁ~~~汗)
by suikan8 | 2012-01-02 20:04 | GRD IV | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://suikan8.exblog.jp/tb/17158316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by バジリコ at 2012-01-04 21:48 x
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

私も父が再入院して暮れに大阪へ行ってきたのですが、
30年後の自分について考えてみたりします。
いろんなコトが衰えていくのはいたしかたないけれど、写真はできるかぎり
撮り続けたいなあとつくづく思います。
自分の足で歩いて、自分の目で撮りたいモノを見つけて、自分の指で
シャッターを切る。できるかぎり続けていきたいですよね。
Commented by suikan8 at 2012-01-05 08:43
バジリコさん、明けましておめでとうございます。
こちらこそ、宜しくお願い致します♪

お父様のこと、さぞかしご心配なこととお察しいたします。
遠くに離れていると余計に・・・。


バジリコさん、30年後のことなど、考えなくともいいのかもしれませんよ^^
私も、老いていく親を見ていると、なんともいえない気持ちになりますが、同時に、自分自身の”今”を大切にしようという気持ちになります。

そう思うようになったのは、つい最近なんですけれど、、。
写真は、案外、大変なことの多い現実から開放せてくれる手段のような気がします^^
つ・ま・り、、生活のスパイスって、、ことです^^b