シンプル・ハウスワイフのRANDOM SHOT


September 2, 2011 朝露







e0009147_1916081.jpg






都会で、廃屋だの高層ビルだの、、、撮っていると、なんだか、カサカサしてくる。




で、こんな過去写真をアップしたくなる。




もう、3年も前、まだマクロ写真にはまっていた頃、朝早く出かけてこんな野の写真を撮っていた。





ピンボケで、背景がどうのこうのと、アップすることを躊躇していたけど、今見ると、なんだか、それも


許せちゃったりする。




つまりは、、、、、自分の写真を見る目が変わってきたのかもしれない。






あ~あ、あんなちっちゃな水滴にもピンを合わせようと必死だった、自分がいとしいぞ。
by suikan8 | 2011-09-02 19:25 | マクロ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://suikan8.exblog.jp/tb/15367388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mizuki_2004 at 2011-09-02 20:15
そうですよね、私もピントの有無に対しては、
かなり見方かわりました。

自分の古い写真を漁るのも、また楽しいものです。
Commented by suikan8 at 2011-09-02 21:29
mizuki-sama, マクロで撮っている時は、大抵開放で撮っていることが多かったので、ピンが合わないと、なんだか気持ちが悪かったのですけど。 ↑の写真も中央の雫にピンを合わせたんですが、ちょっと甘いです。
今になると、こんな小さいツブツブをよく撮ろうとしたなぁ~と、ツブやいております。
サッカー勝ちましたね!♪
Commented by バジリコ at 2011-09-02 23:31 x
プロの先生もよく、
「ピントが合ってないからといって、すぐに捨ててはいけない」とおっしゃいます。
ピンボケでもブレてても、いい写真というものがある、と。

西新宿シリーズ、とっても素敵でした。
私、こういう界隈はまだ行ったことがありません。
都庁よりも向こう側のあたりでしょうか。
Commented by suikan8 at 2011-09-03 07:20
バジリコさん、おはようございます^^
↑の写真の先生のお話、、本当にそう思います。 技術的に完璧でなくとも、なんだか惹かれる写真てあるんですよね。 それは、見る人の心に触れるとでもいいましょうか。 (琴線に触れるということですが、、)

西新宿シリーズ、もうちょっと続きます^^
ここは、青梅街道沿いの成子天満宮のあたり、。 まだまだ古い建物が残っていました^^