シンプル・ハウスワイフのRANDOM SHOT


6.12.2009 落葉の道





e0009147_16165851.jpg




2日の日、晴天の日の粟野行きの光景が忘れられなくて、お馬鹿な私は、4日にも、その光景を期待してまた出掛けてしまった。


その日は生憎のお天気。 太陽も粟野へたどり着くうちに、すっかり隠れてしまった。

おまけに雨がちらほら・・・


モノトーンで晩秋のさびしい風景が続く。  途中で通りがかりの年配の女性と、ちょっとおしゃべり。 廃屋が目立つので、このあたりの粟野の様子を聞くと、若い人がいなくなって、お年寄りばかり。 女性の住んでいるあたりの小学校には、生徒数が10人とか、、。 その子供達が卒業したら、その後に続く子がいないと、、。


あと10年後を憂いていた。


そんな話を聞いていたら、そばの廃屋のカーテン越に、にょっきりと猫が顔を出したらしい。
女性が、それを見て微笑んでいた。  残念ながら、私は見ることができなかったのだけれど。


誰も住んでいない家に、住むのは猫。


モノトーンになって暮れていく町を後にして、私は複雑な気持になった。


あと10年後のこの場所を想像して、そして、ただ美しいだけではないこの粟野の現在の状況を考えて、、。
by suikan8 | 2009-12-06 16:43 | 粟野 | Trackback
トラックバックURL : http://suikan8.exblog.jp/tb/11724389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。