シンプル・ハウスワイフのRANDOM SHOT


24.10.2009 東京の顔




今日の東京・曇りのち雨・車の助手席から・セピア・CANON IXY 900IS




e0009147_2001256.jpg











e0009147_2002976.jpg










e0009147_2004239.jpg










e0009147_2005632.jpg










e0009147_2013835.jpg







ixyは、シャッターが切れるまでが、かなり遅い。


それが、とっても、たまにキズなのである。


今日はお天気が悪く、そのために、最初から、セピア・モードで撮ってみた。
by suikan8 | 2009-10-24 20:04 | TOKYO | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://suikan8.exblog.jp/tb/11433622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by summer-christmas at 2009-10-25 17:47
スイカさん♪ こんにちは♪
25日付けの(侘びの街1)の 一番目 とても目を奪われました。
丁度時間は昼前後の建物の影が 良いですね。突き当たって
左への道の先がどうなっているのか? それも気になります。
後に山々が聳えて 無人なのか 不思議な雰囲気を感じるお写真ですね。 とてもとても好きです。

Commented by suikan8 at 2009-10-25 19:57
summer-sama、こんばんは~♪

25日付けの(侘びの街1)の一枚目、気に入っていただけて、嬉しいです♪ 実は私もこの荒涼とした、もの悲しい雰囲気が好きで、気に入っています。 もちろん、写真としては、全くたいしたものではないのですけど。 このショットは、間藤駅のちょっと先の裏手で撮りました。 ちなみに、間藤駅は、5枚目の奥に見えるとんがり屋根のある場所です。
この通りには、人影がありませんでした。
これから右は、足尾の荒涼とした精錬所に続いています。 足尾鉱山、、、、日本の近代工業の発展の中の、光と影の歴史を感じさせる場所でした。

改めて、その歴史を調べて、なんだか、胸にせまってきました、、。

(と、ちょっと真面目モードで語っております、、、、)