シンプル・ハウスワイフのRANDOM SHOT


22.7.2009 宇宙の中の命




今日は、日本中が大騒ぎ。 国内では、46年振りの皆既日食。


残念ながら、曇り空で、私は見ることができなかったけれど、近所の奥様は、ばっちりと見ることができたそうだ。



少しだけ、晴れ間が見えた時に、 偶然にも、お庭においてあった黒いシートの上の水溜りに、太陽の姿が映ったということで、興奮気味に話してくれた。


わたしは、NHK・民放とチャンネルを変えながら、それぞれの場所からの、実況中継に夢中になってしまった。


そして、実際に見ることは出来なかったけれど、、この不思議な、天体ショーに、様々な思いをもったのだった。




この間から、読んでいる 井沢元彦氏の本によると、日本という国家の形ができた一世紀から、邪馬台国の時代までに、日本列島で観測できた皆既日食は2回しかなかったそうだ。

一回目は 紀元158年7月13日
二回目は、紀元248年9月5日


そして、その紀元248年は、卑弥呼が死んだ年なのだそうだ。  これが、偶然なのか、否か、、。


井沢氏の推論は続く、、。



今日私がテレビで見たような皆既日食を、当時の人は、どのような思いで、見たのだろう。

天体の知識など、マッタクなかった時代だ。


そのオドロキは、想像を絶するものだったに違いない。




改めて、太陽の尊さ、宇宙の神秘、はてはて、人間の存在、わが身の小ささなどに思いを馳せたのだった。




まったく日食とは関係ない、一ヶ月前に撮影したマクロ




e0009147_18251750.jpg

by suikan8 | 2009-07-22 18:26 | マクロ | Trackback
トラックバックURL : http://suikan8.exblog.jp/tb/10674251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。