シンプル・ハウスワイフのRANDOM SHOT


20.4.2009 ちゅーりっぷ





e0009147_1011525.jpg

2009年4月16日15時58分撮影 @庭




庭のチューリップがそろそろ終わりに近づいている。 鮮やかな赤・白・黄色が、なんだか、新一年生のように見える。


こんなに無邪気に咲く花はないように思う。 余計な、感情がいっさいなくて、太陽の光を思いっきり謳歌し、風が吹けば、ゆらゆらと、歌うように揺れる。


今年の春先に、近所の園芸店で、オランダ直輸入の、バニラとかいうチューリップの球根が、売れずに特売されていた。


なんと、一球1300円。 それが、300円くらいだったような気がする。 売れ残りのカゴの中に、他の球根といっしょに、並んでいた。


私が、覗いていると、やっぱり、何人かの主婦が覗き込んで、物色を始めた。  なにしろ、バーゲン品に目がない主婦だもの。


最初は、その球根ではない 国産の普通の一重のチューリップを選んでいたけれど、なぜか、その一球1300円なりが気になり始め、見知らぬ奥様と、試しに買ってみようかしらね~ということに。


1300円なら買わないけど、300円ならね~。 咲けば、見事なバニラ・アイスのような豪華な雰囲気のチューリップ。 はるばる異国から、お嫁にきたんだし、、ここで、見放してはかわいそう。


帰ってから、ちょっとコじゃれた素焼きの鉢に 一球を大切に埋めた。


やっと芽がでて、小さな蕾が見えたのは、春浅き頃、、。 それから、その蕾は、どんどん小さくなってしまい、とうとう葉っぱだけに。  とろけてしまった。


土が合わなかったのか、、。 さびしい素焼きの中を見るたびに、一緒にこの一球を買った、あの奥様は、お元気かなぁ~、 そして、咲かせられたかなと、想像する。 そして、行ったことのないオランダ国を想像する。



チューリップの思い出が ひとつできた。
[PR]
by suikan8 | 2009-04-20 10:23 | 庭(@my garden) | Trackback
トラックバックURL : http://suikan8.exblog.jp/tb/10084825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。